季節ごとの行事や旅行・イベント情報など、ユーザーの体験談をご紹介します。

京都水族館(内陸型水族館国内最大級)でオオサンショウウオ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

京都駅から西に歩いて15分の梅小路公園内に京都水族館はあります。
2012年にオープンしたまだ新しい水族館です。
内陸型の水族館では国内最大級で、海から遠いのに海水魚はもちろんのこと、イルカやペンギン、オットセイなども見ることができます。

京都水族館 概要

〒600-8835
京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)
075-354-3130

営業時間
10:00~18:00(年中無休)

一般料金
大人:2,050円
大学・高校生:1,550円
中・小学生:1,000円
幼児(3歳以上):600円

年間パスポート
大人:4,100円
大学・高校生:3,100円
中・小学生:2,000円
幼児(3歳以上):1,200円

京都総合観光案内所や、全国のセブンイレブン(マルチコピー機が設置されている店舗)で、前売り券を購入することが可能です。複数回行くことがある場合には、年間パスポートがかなりお得ですね。

京都水族館のオオサンショウウオがキモかわいい!?

オオサンショウウオ
私が一番印象に残っている水槽は一番初めの展示です。
エントランスを抜けるとすぐにオオサンショウウオの展示があります。

とても長い水槽にオオサンショウウオがミルフィーユの様に重なり合って展示されている様子はなんとも言い難いものがあります。
気持ち悪いけどあまりの衝撃に見入ってしまう・・・そんな水槽です。
飼育員さんが近くにいたので何匹入っているのか聞いたところ40匹近くいるそうです。

京都水族館ではオオサンショウウオの展示に力をいれているらしく、ミュージアムショップでも他の水族館では見たことも無いようなオオサンショウウオグッズが豊富に取り揃えてあります。

買い物をしている人を見てもみなさん結構な割合でオオサンショウウオグッズを買っているように思いました。
私も気持ち悪いと思っていたのですがだんだん可愛く見えてきて、結局抱き枕大のぬいぐるみを購入してしまいました(笑)

出口の近くには屋外の広いスペースに京都の里山を再現したコーナーがあって、棚田が再現されています。ちょっとした庭園のようになっていて、稲の成長を見たり、小川に生える水草を見たりしながら散歩することができます。
狭い館内を抜けた先にあるので開放感があり気持ちの良い空間です。

京都水族館へ行くときの注意事項

京都水族館へ行かれる場合は京都駅から徒歩か、市バスで最寄りのバス停まで来られることをお勧めします。
自家用車で来ると駐車場が少ないので混雑しているときは困るかと思います。

あとは食事する場所が少ないです。
水族館内にも軽食を食べれるショップはありますが、混んでいることも多いですし落ち着きません。水族館の周りにもこれと言ってよいお店も無さそうだったので、京都駅で食べるか、お弁当を持ってきて前の梅小路公園で食べるか・・・

少し前に梅小路公園内に京野菜を使った料理を出すレストランができたと聞いたので、そちらを利用するのも良いかもしれませんね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 春夏秋冬イベント&旅行体験談ブログ , 2016 All Rights Reserved.